お洗濯ニオイ対策<部屋干し編>

「部屋干し」のニオイを防ぐ、お洗濯の工夫と干し方のコツ

部屋干しした洗濯物のニオイの原因は?

ニオイの原因は菌。汚れが残っていたり、部屋干しで生乾きの状態が長く続くと菌が繁殖しやすくなり、ニオイが発生します。
ニオイを防ぐポイントは2つ。「お洗濯の工夫」と「早く乾かす」ことです。

お洗濯の工夫でニオイ菌の繁殖を防ぐ​

洗濯物はためこまない

洗濯物をためこむと汚れを放置することになり、汚れが落ちにくくなります。なるべくこまめに洗いましょう。

洗濯物は詰め込み過ぎない

洗濯物をぎゅうぎゅうに詰め込むのはNG。洗濯物が洗濯槽の中でうまく動かず、汚れをしっかり落とせません。洗濯槽の7〜8分目までを目安にしましょう。洗剤は、使用量の目安を参考にして適量を入れます。

写真:良い事例 洗濯槽の7割程度まで洗濯物が入った洗濯機

洗濯槽の上部が隠れずに見えるくらい余裕を持たせます。

写真:悪い事例 洗濯槽からはみ出るほど洗濯物が入った洗濯機

入れ過ぎると、汚れ落ちが悪く、ニオイの原因になることもあります。

洗剤や漂白剤を上手に使う

部屋干し用の洗剤や抗菌効果のある洗剤を使いましょう。漂白剤入りの洗剤を使ったり、洗剤と一緒に酸素系漂白剤を使ったりすることも効果的です。

※衣類の洗濯表示に新表示 漂白剤xマークがある場合は、漂⽩剤(塩素系、酸素系ともに)は使えません。

すすぎは必ず水道水で

お風呂の残り湯をすすぎには使わないで。せっかくきれいに洗った衣類に、また汚れを付けてしまうことになります。すすぎは必ず水道水を使いましょう。

仕上げには抗菌効果のある柔軟仕上げ剤を

抗菌効果のある柔軟仕上げ剤を使えば、干しているときから着用中まで菌の繁殖を抑えることができます。

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

洗濯槽も定期的にお掃除を!

洗濯槽を洗濯カゴ代わりにしていませんか?通気性が悪くなると、洗濯槽の裏にカビ菌が繁殖しやすくなり、ニオイの原因になることも。3ヶ月に1回は「洗たく槽ハイター」などの専用クリーナーでお手入れしましょう。

干し方で差が出る!早く乾かすコツ​​

空間をつくって干す

部屋干しの場合は特に、洗濯物同士が密着していると、なかなか乾きません。布と布が重なり合わないように、空間をつくって干しましょう。

エアコンでの除湿や扇風機の風を当てる

扇風機やサーキュレーターなどを上手に利用し、衣類に直接風を当てると、早く乾きます。エアコンのドライ機能や除湿機を利用して湿度を下げるのも手。

干し方を工夫する

逆さバンザイ干し
厚手のトレーナー、パーカーなどに。脇の下や、フードの乾きにくい部分が重ならないようにします。

筒状の吊り干し
厚手のパンツやジーンズ、スカート類などは、裏返して筒状に干し、空気を通りやすくします。ポケット部分は外側に出すと乾きやすくなります。

じゃばら干し
バスタオルなどの大物類を干すときに便利。布の触れ合う面を最小限に、空気の当たる部分を多くできます。

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

生乾きの洗濯物にシュッとスプレー!

生乾きの洗濯物に衣類・布・空間用消臭剤「リセッシュ除菌EX」を使うと、部屋干し特有のニオイを防ぐことができます。

Page Top