意外と知らない?!洗濯用洗剤の種類と選び方

洗濯用洗剤の種類と特徴

洗濯洗剤は「一般衣料用」と「ウール・おしゃれ着用」の大きく2つに分類されます。洗濯するアイテムによって使い分けましょう。

一般衣料用洗剤

綿・麻・合成繊維用の洗剤です。
ウール(毛)やシルク(絹)には使えません。

おしゃれ着用洗剤

ウール(毛)やシルク(絹)などのデリケートな素材に配慮した洗剤です。ドライコース、おしゃれ着洗いコースなどの弱い水流でも汚れやニオイをすっきり落とします。

一般衣料用洗剤とおしゃれ着用洗剤のイメージ写真

もっと詳しく知りたい方はこちらから

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

洗剤と汚れの相性

一般衣料用洗剤の中でも「弱アルカリ性」の洗剤は汗汚れや皮脂汚れなどの洗浄力が優れているので、ワイシャツのエリ・ソデなどの汚れにおすすめです。

花王の弱アルカリ性洗剤の例 アタックZERO パーフェクト スティック、アタック 高活性バイオパワー、アタック 高浸透リセットパワー の写真

あなたの目的に合った、おすすめの洗剤を一挙紹介

一般衣料用洗剤で洗濯する時は、洗濯で何を一番重視するか、で洗剤を選べばOK!おすすめの製品を紹介します。
(目的をクリックすると洗剤が表示されます)

いつもの洗濯でエリ・ソデの汚れを落としたい

前処理なしでエリ・ソデ汚れが落ちる洗剤がおすすめ。

花王のおすすめアイテム

部分的なひどい汚れを落としたい

濃縮タイプの液体洗剤や部分洗い用洗剤がおすすめ。汚れている部分に直接付けてから、他の洗濯物と一緒に洗いましょう。

花王のおすすめアイテム

洗剤を計る手間を省きたい

計量しなくて良いスティック洗剤や、プッシュするだけで簡単に計量できるワンハンドタイプの洗剤がおすすめ。

花王のおすすめアイテム

ドラム式洗濯機で使いたい

少ない水量で洗うドラム式に適した専用洗剤がおすすめ。

花王のおすすめアイテム

ひどい泥汚れを落としたい

洗濯によるヨレやシワを防ぎたい

衣類の風合いを保ってくれるおしゃれ着用洗剤がおすすめ。

花王のおすすめアイテム

教えて!素朴な洗剤の疑問

何気なく洗濯している時に感じる素朴な疑問に答えます。
(質問をクリックすると答えを表示します)

Q.洗剤は多めに入れた方が汚れ落ちがいいの?

洗剤の裏に書いてある「使用量の目安」は、汚れ落ちに充分な洗剤の使用量をあらわしたものです。一定の量を超えると、多めに入れても洗浄力は変わらなくなります。

洗剤の使用量の目安についての図

例:アタックZERO

洗剤量が少ないと、汚れがきちんと落としきれずに洗濯物に残り、ニオイや黒ずみ、変色の原因となることがあります。
反対に洗剤量が多すぎると、すすいだ後に洗濯物に洗剤が残り、ニオイや変色の原因となることがあります。また、泡が多く立ち過ぎてあふれてしまったり、かえってうまく洗えないこともあります。
適切な使用量を守ることが大切です。

Q.蛍光増白剤(蛍光剤)ってなに?

蛍光増白剤(蛍光剤)は衣類や繊維に白さや輝きを与えるための成分です。染料の一種ですが、白く着色するものではなく、紫外線を受けると青白い光を発し、見た目の白さが増す効果があります。漂白剤のように、色素汚れを分解したり脱色したりするものではありません。

蛍光増白剤(蛍光剤)の記載場所のイメージ図

例:アタック高浸透リセットパワー

アイボリーやパステル系などの衣類は、蛍光剤配合の洗剤を使うと、色味が変わって見えることがあるので、蛍光剤の入っていないものがおすすめです!

Q.綿とシルク混紡衣類にはどの洗剤?

洗剤の裏の表示に「毛・絹・綿・麻・合成繊維用」とあるものがおすすめ。
混紡など複数の素材が組み合わされている場合は、デリケートな素材を基準に洗剤を選ぶと、衣類を優しく洗い上げることができます。誤った洗剤を使うと、衣類の変色や縮み、破れなどの原因となることがあります。

  • 本体の生地だけでなく、レースなど装飾部分の素材にも注意しましょう

毛・絹・綿・麻・合成繊維用の記載場所のイメージ図

例:エマール

綿・麻・合成繊維用の記載場所のイメージ図

例:アタックZERO

詳しい洗濯表示の見方はこちらから

Q. 洗剤って、どれも「すすぎ1回」なの?

A. すすぎ1回の洗剤が増えていますが、2回のものもあります。製品によってすすぎの回数が違うので、製品の表示で確認してください。

Q.他の洗濯用洗剤と混ぜて使っていいの?

A. 混ぜて使うことはおすすめしません。
双方の洗剤の表示に「混ぜるな」などの注意表示がなければ混ぜても危険ではありませんが、洗浄力が発揮できない場合や蛍光増白剤の影響が出ることがあります。


洗剤の裏には知っトク情報が満載です。迷ったときは見てみてくださいね。

【次に読みたい】

Page Top