冬小物をしまう前に

実は簡単に洗濯できる!マフラー、ニット帽、手袋、ファーの上手な洗い方

読者アンケート「洗濯が苦手な冬のファッションアイテムは?」 ファー小物50%、革手袋49%、マフラー・ストール・スヌード34%。自宅で洗濯をすると回答した13,213人(2017年12月花王「くらしの研究」調べ)

三ツ星シュフみっちゃんからのコメント「ファーや革の手袋など、洗えないもののお手入れは悩むわよね。」

洗濯表示をチェック

ウールやカシミヤ、アクリル、ダウンなどのデリケートな素材でも、自宅で洗えるものもあるため、まずは洗濯表示をチェックしましょう。
新表示 洗濯機洗いマーク,新表示 洗濯機洗いマーク,新表示 洗濯機洗いマーク新表示 手洗いマーク(旧表示:洗濯機洗いマーク手洗いマーク)であれば家庭での洗濯がOKです。
新表示 家庭洗濯xマーク(旧表示:水洗いxマーク)が付いていたら、家庭で洗濯できないので、クリーニング店にお任せしましょう。

クリーニング表示(新表示 パークロルエチレン等の溶剤でのドライクリーニングマーク新表示 石油系溶剤でのドライクリーニングマーク)は、「ドライクリーニングができる」という意味。家庭洗濯OKのマークが付いていれば、自宅での洗濯が可能です。

家庭洗濯OKの表示があれば、自宅で洗える。

洗濯で使用するアイテム

洗濯用洗剤は、おしゃれ着用の中性洗剤を用意します。

●洗濯用洗剤

エマール

●柔軟仕上げ剤

ハミング消臭実感

ストール・マフラーの洗い方と干し方

ファンデーションや、汗とそのニオイが付きやすいアイテム。しっかり汚れを落としましょう。

色落ちチェック

濃い色のものは、おしゃれ着用洗剤「エマール」の原液を目立たないところに付け、5分後に白い布で押さえて、色が付くようなら単独で洗います。

洗う前の準備

①汚れた部分に、「エマール」の原液を付けて、指でなじませておきます。

②フリンジがバラバラにならないよう内側にたたみます。洗濯機を使用する場合も必ずたたんでネットに入れてから洗いましょう。

洗い方

洗濯機の「手洗いコース」または「ドライコース」を選び、「エマール」で洗います。「ハミング消臭実感」などの柔軟仕上げ剤をあらかじめ洗濯機の投入口にセットしておきます。

手洗いの場合はやさしく押し洗いします。洗濯機で短めに脱水し、水をかえて押し洗いと同じようにすすぎます。すすぎの水がきれいになったら柔軟仕上げ剤を入れ、3分間浸します。静電気や毛玉も防いでふっくら仕上がります。

みっちゃんからのコメント「衣類に洗剤液を通すように、やさしく繰り返してね。」

「ニット類はぬるま湯で洗う」と覚えていると失敗のもと!ウールやカシミヤなどの洗濯には、手で触ると冷たく感じる30℃以下の水がベスト。お風呂のぬるま湯(約38℃前後)くらいの温度で洗濯すると縮みの原因になります。

干し方

黄ばみや変色を防ぐために陰干ししましょう。

①大判ストールは、物干し竿2本にM字型に掛けると早く乾きます。ざっくり編みのマフラーは、ピンチハンガーの上などで平干しすると伸びを防げます。

② 乾いたら、全体にスチームアイロンをかけると、ふんわりした仕上がりに。
フリンジ部分は洋服ブラシでやさしくブラッシングするとまっすぐになります。

手袋・ニット帽の洗い方と干し方

素材によってお手入れ方法が異なるので、適した方法をマスターしましょう。

ニットの手袋・帽子

①おしゃれ着用洗剤「エマール」で洗います。ネットに入れて、洗濯機の「手洗いコース」または「ドライコース」で洗うか、やさしく手洗いをします。手洗いの場合は、押し洗いで「沈めて」「浮かせて」をやさしく繰り返しましょう。

  • みっちゃんからのコメント「汚れやすい手袋の指先や帽子の内側には、エマールの原液をなじませてね。」

  • やさしく沈めて

  • やさしく浮かせる

②仕上げに「ハミング消臭実感」などの柔軟仕上げ剤を使用すれば、手触りよく、静電気や毛玉も防げます。

③脱水後、形を整え日陰で平干しします。

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

三ツ星シュフみっちゃんずポイント

洗えない革手袋のお手入れ

洗うことができないので、乾いたタオルで汚れを拭き取ります。

  • スエードは、スエードブラシや専用のクリーナーを使用します。

■汚れが気になるときは

① 「エマール」を薄めた液(使用の目安:水4Lに10ml)に浸したタオルを固く絞って拭きます。

  • 撥水加工などの表面加工がしてあれば、おしゃれ着用洗剤で汚れを落とすことができます。水がしみこむようなら水拭きしないでください。また、色落ちしないか確かめてから行なってください。

②きれいな水で絞ったタオルで2~3回拭いて、洗剤分を取り除いてから陰干しします。

③充分に乾いたら、革用オイルなどを布にしみこませ、なじませた後、薄くのばしながら塗ります。その後、から拭きすればツヤが戻ります。

  • ミンクオイル(革用オイル)は革のお手入れコーナーで売っています。

ファー小物のお手入れ

苦手意識の高いファーのお手入れですが、実は自宅でも簡単にふわふわをキープできます。

リアルファー

水洗いできないので、ブラシでホコリを取り、毛並みの乱れを整えます。汚れやすいエリやそで口・裾まわりなど、着用後はこまめにブラッシングを。

写真:洋服ブラシを使った、ファーの手入れ みっちゃんからのコメント「傷みや脱毛を防ぐためにも、やさしくね。」

■汚れが気になるときは

おしゃれ着用洗剤「エマール」を薄めた液(使用量の目安:水4Lに10ml)にタオルを浸し、固く絞って汚れを軽くたたくように拭いた後、きれいな水で絞ったタオルで2~3回拭いて、洗剤分を取り除いてから陰干しします。

■保管方法は

湿気と虫の害を受けやすいので、防湿・防虫対策を忘れずにして、収納しましょう。

  • クリーニングは3年に1度くらいを目安に、毛皮の知識がある専門のクリーニング店に出しましょう。

エコファー(フェイクファー)のお手入れ

洗えるものはネットに入れ、洗濯機の「手洗いコース」または「ドライコース」を選び「エマール」で洗います。仕上げに「ハミング消臭実感」などの柔軟仕上げ剤を使用すればふわふわに。静電気も防止できます。
脱水後は陰干ししましょう。
乾いたらドライヤーの冷風を軽くあて、毛先をブラシで整えます。
水洗いできないものは、リアルファーのお手入れと同じです。

Page Top